コラム

相続放棄の手続の流れ

 相続放棄を行う場合,具体的な手続の流れを知っていると,安心だと思います。そこで,以下に大まかな手続の流れを記載します。なお,ここでは専門家に頼まず,自分で手続を行う場合を想定して記載しています。

ステップ1 期限の設定

 まず,相続放棄の期限を設定します。

 相続放棄には期限があり,民法で「自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内」に相続を承認するか放棄するか等を決めなければなりません。相続を承認する場合は,何もしなければ承認となるのでいいのですが,相続を放棄する場合は,上記期限内に管轄の家庭裁判所に対して申述(申立)を行う必要があります。

 通常は,被相続人(亡くなった方)の死亡日から3か月後を期限とし,余裕をもって期限の2週間前までには申述(申立)を行うのがよいでしょう。

ステップ2 必要書類の準備

 次に,相続放棄に必要な書類を準備します。

 どのようなケースであっても,①被相続人が死亡したことが分かる戸籍,②被相続人の住民票除票等,③相続放棄を行う方が相続人であることが分かる戸籍,は必要です。

 戸籍関係は,本籍地の役所で取得する必要があり,遠方の場合は郵送での取得も可能です。

ステップ3 申述書類の作成

 ステップ2で取得した書類を参考に,申述書類を作成します。申述書類の雛形は,裁判所のHPからダウンロードすることも可能です。

ステップ4 管轄の家庭裁判所へ提出

 上記の申述書類及び必要書類を併せて,管轄の家庭裁判所(亡くなった方の最後の住所地を管轄する家庭裁判所)に提出します。印紙代は申述人一人あたり800円ですので,予め郵便局等で購入しておくとよいでしょう。また,予納郵券が必要となる場合がありますので,事前に裁判所に確認しておくとスムーズです。

ステップ5 家庭裁判所からの照会への回答

 管轄の家庭裁判所から,相続放棄が本当に真意に基づくものか等の確認のため,照会書が届きます。届いた内容に記入の上,返送を行います。

ステップ6 申述受理

 相続放棄を家庭裁判所が受理した場合,申述を受理した旨の通知が届きます。なお,申述受理日の日付が,死亡日から3か月経過していることがありますが,申述自体を相続開始から3か月以内に行っていれば,受理日が3か月経過後であっても問題はありません。

ステップ7 受理証明書の取得

 相続放棄を受理した旨の通知だけでは,相続放棄が受理されたことの証明書としては使用できません。別途,「相続放棄申述受理証明書」という書類を請求する必要があります。なお,この請求は,1件につき150円の印紙を貼付の上請求する必要があります。

 

 相続放棄といっても,意外と手間や時間がかかるものです。ここでは記載していませんが,そもそも相続放棄をすべきかどうか,遺産にどのようなものがあるか,といった判断や調査を行う場合には,さらに時間を要することになります。

 3か月という期間がある以上,相続放棄を少しでも検討している場合は,早めに専門家に相談することをお勧めします。なお,当事務所の相続放棄サービスについては,こちらをご参照ください。

関連記事

相続放棄にかかる費用

 相続放棄を行う場合,費用はどのくらいかかるのでしょうか。また,専門家に頼む場合と自分で行う場合との間に,どのくらいの差があるのでしょうか。  まず,相続放棄にかかる実費を確認します。  相続放棄を行うためには,管轄の家 … 続きを見る>

相続放棄の書類の書き方,必要書類について

 相続放棄を行う場合,どのように書類を記載し,どのような書類を提出する必要があるのでしょうか。  まず,相続放棄の申述書という書類を作成します。これは,裁判所のHP等でもダウンロードできますし,同じ内容を任意の書式に記載 … 続きを見る>
k