限定承認をお考えの方へ

限定承認をお考えの方へ

相続は承認するが、承継した財産の範囲に責任を限定したい!

  • 遺産がプラスかマイナスか分からない
  • 遺産の中に、自宅や形見の品など取得したい財産がある
  • 手続が大変そうなので、全部任せたい
  • 平日に手続を行う時間がとれないなど

相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月の熟慮期間内に、単純承認、限定承認又は相続放棄を選択する必要があります。しかし、遺産の全体像がプラスなのかマイナスなのか分からない場合など、3か月以内に判断できないこともあります。
そのような場合、限定承認という手続をとることが可能です。限定承認をすれば、相続によって得た故人の財産の限度で、故人の負債の責任を負う、ということが可能です。
例えば、遺産の内容が、プラスの財産3000万円、マイナスの財産4000万円だとすれば、3000万円を超える1000万円については、責任を負わなくてもよい、ということになります。
限定承認の手続は、遺産の清算手続であるため、手続きが煩雑で、法律的な知識も必要とされます。そのため、多くのケースでは、弁護士に依頼して手続を進めることになると思われます。
限定承認をご検討されている方は、是非当事務所にご相談ください。

当事務所では
  • 相続放棄のご相談は、無料(初回30分)です。
  • 相続放棄をはじめとした相続問題を積極的な取扱分野としているため、豊富な経験を有しています。
  • ご相談内容について、守秘義務を徹底しています。
  • 3か月経過後の相続放棄も取り扱っています。
  • 遺産の調査や申述期間の伸長、限定承認手続も取り扱っています。

弁護士費用

限定承認の費用

限定承認の費用
限定承認手続一式 御見積り
  • 全て税別、実費別となります。
  • 戸籍等を当事務所にて取得する場合、1通1,000円の手数料が必要となります。

限定承認の流れ

01.FLOW
ー 相続財産の目録の作成 ー

債務を弁済する原資となる財産の内容等を明らかにすることで、債権者等の利益を保護する必要があるため、目録の作成が義務付けられています。ただし、当該目録は、知ることのできた限度で作成すればよく、調査にも関わらず財産や負債を明らかにすることができなかった場合には、その旨報告すればよいとされています。

02.FLOW
ー 限定承認の申述 ー

相続人が複数いる場合には、相続放棄をした者を除き、共同相続人全員が共同して申述する必要があります。

03.FLOW
ー 限定承認の申述受理の審判 ー

限定承認の要件を具備しているか否か等を審査の上、申述受理又は却下の審判がなされます。

04.FLOW
ー 相続財産管理人の選任 ー

相続人が一人の場合はその方が、複数いる場合は裁判所が相続人の中から一人を相続財産管理人に選任します。

05.FLOW
ー 相続債権者等に対する公告・個別催告 ー

相続財産管理人は、官報により、すべての相続債権者及び受遺者に対し、請求の申出をすべき旨を公告し、かつ、知れたる債権者及び受遺者には、各別に申出の催告をしなければなりません(927条)。

06.FLOW
ー 弁済のための相続財産の換価 ー

前記相続債権者等に弁済するため必要があるときは、相続財産を競売によって換価するのが原則となります(932条)。

07.FLOW
ー 相続債権者等への弁済 ー

換価財産をもって、相続債権者等への弁済を行います。支払いきれない場合は、按分弁済となります。

08.FLOW
ー 残余財産の取得 ー

相続債権者等に弁済した後、残余財産があれば、限定承認をした相続人がこれを取得します。

解決事例

名古屋市30代女性【相続放棄:3か月経過後、第1順位】

相続人関係 ・被相続人:父 ・相続人:子 解決内容 4年前に亡くなった父について,最近財産及び借金があることが判明しました。調査の結果借金の方が多かったため,家庭裁判所に相続放棄を申述し,相続放棄が受理されました。 名古 … 続きを見る>

名古屋市40代男性【相続放棄、第3順位】

相続人関係 ・被相続人:叔父 ・相続人:姪 解決内容 名古屋市にお住まいのAさんのところに,叔父の相続について,市税事務所から住民税の代表相続人選定届が届きました。 全く身に覚えのない書類に戸惑いながらも,中身を空けてみ … 続きを見る>

名古屋市80代女性【相続放棄、第2順位】

相続人関係 ・被相続人:子 ・相続人:母 解決内容 将来の遺産承継を踏まえて,亡くなられたお子様の相続を放棄しました。 名古屋市にお住まいのAさんには,子供が2人いましたが,最近そのうちの一人が亡くなってしまいました。そ … 続きを見る>

解決事例へ

よくあるご質問 一覧を見る

1.相続放棄の申述方法 相続放棄の申述は,被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に対して行う必要があります。申述方法としては,次の方法があります。 ①裁判所の窓口に持参する 家庭裁判所の窓口の受付時間は,一般的には月 … 続きを見る>
相続放棄は,相続人個人の意思で行うものであるため,単独で行うことが可能です。 ただし,他の共同相続人と併せて手続をすることにより,相続放棄の必要書類を流用できるなどのメリットもあります。 他の相続人と疎遠で、このようなメ … 続きを見る>
相続放棄を申述する理由については,親族と関わりたくないという理由の他,債務超過の可能性がある,生活に困っていない,生前贈与を受けている,遺産を分散させたくない,といった理由でも可能です。 相続を承認するか放棄するかは,期 … 続きを見る>
相続人は,債権者に対し,相続放棄をした旨を通知する義務はありません。  しかし,被相続人(亡くなった方)に借金があり,そのことを理由として相続放棄を行ったような場合には,債権者に対し,相続放棄をした事を知らせた方がスムー … 続きを見る>
相続放棄を行う予定である場合は,被相続人が契約者となっている火災保険の名義変更をすべきではありません。なぜなら,相続放棄をした者は,「その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産に … 続きを見る>