基礎知識

相続放棄に必要な書類

相続放棄に必要な書類は,以下のとおりです。

基本書類

1.相続放棄の申述書
2.被相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
3.被相続人(亡くなった方)の最後の住所地を証する住民票除票又は戸籍の附票
4.申述人(放棄する方)の戸籍謄本

上記に加えて,書類が必要となるケース

●相続放棄をする方が,被相続人(亡くなった方)の父母・祖父母等(直系尊属)(第二順位相続人)の場合,上記1~4に加えて,次の書類が必要となります。

5.被相続人(亡くなった方)の出生から死亡時までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
6.被相続人(亡くなった方)の子(及びその代襲相続人)で死亡している方がいる場合,その子(及びその代襲相続人)の出生から死亡までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
7.被相続人(亡くなった方)の直系尊属に死亡している方(相続人より下の代の直系尊属に限る(例:相続人が祖母の場合,父母))がいる場合,その直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

●相続放棄をする方が,被相続人(亡くなった方)の兄弟姉妹及びその代襲相続人(甥や姪)(第三順位相続人)の場合,上記1~4に加えて,次の書類が必要となります。

5.被相続人(亡くなった方)の出生から死亡までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
6.被相続人(亡くなった方)の子(及びその代襲者)で死亡している方がいる場合,その子(及びその代襲相続人)の出生から死亡までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
7.被相続人(亡くなった方)の父母・祖父母等(直系尊属)の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
8.相続放棄をする方が,代襲相続人(甥や姪)の場合,被代襲者(本来の相続人,亡くなった方の兄弟姉妹等)の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

●その他の書類

内容に応じて,債権者からの通知書等の疎明資料を提出します。
※同じ書類は1通で足ります。
※同じ被相続人に関して,相続放棄等の申立がなされている場合,既に提出されている書類を再度提出する必要はありません。例えば,他の共同相続人が既に相続放棄を申し立てている場合,共通する書類(被相続人の死亡の戸籍や住民票の除票等)は,再度提出する必要はありません。

 

 

関連記事

単純承認と限定承認

単純承認とは,相続人が故人の権利義務(財産や負債)を全て承継することをといいます。 一方,限定承認とは,故人の権利義務(財産や負債)を全て承継するものの,負債については,承継した財産の限度でしか責任を負わない,という方法 … 続きを見る>

相続放棄の注意点

目次相続放棄の注意点(法定単純承認)法定単純承認事由法定単純承認第921条単純承認の効力第920条処分行為の意義法定単純承認の具体例 相続放棄の注意点(法定単純承認) 相続人は,限定承認又は相続放棄をする前に,一定の処分 … 続きを見る>

相続放棄とは

相続放棄とは,相続が開始した場合に,相続人が被相続人(故人)の権利義務を一切承継せずに放棄することをいいます。 相続放棄の申述人 申述人とは,相続放棄する旨を家庭裁判所に申し立てる方のことをいいます。原則として相続人が申 … 続きを見る>

限定承認とは

限定承認とは,故人の権利義務(財産や負債)を全て承継するものの,負債については,承継した財産の限度でしか責任を負わない,という方法です。 限定承認の手続 限定承認は,相続によって得た財産の範囲で相続債権者及び受遺者に弁済 … 続きを見る>
k